スピリチュアルの力 〜幸せを呼び込む作法〜 第6回 幸せを呼び込む作法 「感謝を先取る」

感謝を先取る

「御願い」から「報告」へ変えてみよう

年末年始はみなさん神社に行きましたでしょうか? 1番神社に行く時期ですね。
どんなお願い事をしましたか?

「今年も1年健康でありますように」
「このプロジェクトが上手くいきますように」
「大切な人と出会えますように」

このような、「これからのお願いごと」をする人が大半かと思います。
2017年は今までとは変わった手法を使ってみませんか?
これもまた、幸せを呼び込む作法の一つです。


これから叶えるであろう「お願いごと」が成就した時の成功の報告をしましょう。

例えば、 これから受験する人ならば 「志望校の○○大学に入学することができました! ありがとうございます」

ビジネスで大きなプロジェクトを進めたい人ならば 「○○のプロジェクト、大成功でした! ありがとうございました!」

といったような形で、 願い事、目標、夢を叶えた際の「成功の報告」です。 事後報告ではなく、事前報告ですね。 成功の報告をして、神様に感謝を伝えてください。 これが「感謝の先取り」です。

イメージ

世界は共鳴(シンクロニシティ)で成り立っています。
成し遂げたという報告をすることで、成し遂げるために必要な要素が共鳴し自然と周りに集まってくるようになります。第4回目の「意識を完了形にする」と通ずるものがあります。そして、具体的にイメージして、どんどん成功のシナリオを描いてください。この状態を簡単にいうと「前向き」といいます。
心配しながら生きてもまったくナンセンスです。心配はライフエナジーを消耗し、負の要素を引き寄せます。心配していることが不安な結果を呼び込みます。

今年のお正月は、御願いごとではなく、これから叶えるであろう成功の報告にしましょう。

2. 自然体でいること

1月、2月は受験シーズンです。受験生の皆さんに一つだけアドバイスを。
緊張して、心配して、不安になってもいいことなどありません。
緊張、心配、不安は、ライフエナジーを消耗します。
ライフエナジーを消耗するといつも解ける問題さえもわからなくなったり、イージーミスをしたりします。
受験当日でも、日々の勉強の時でもはじめる前や一息つく時に、合掌をし深呼吸をして頭の中に成功のシナリオを描いてください。
「受験に失敗したらどうしよう」なんて間違っても思わないでください。その意識が失敗する要素を引き寄せます。

今年のお参りは神頼みではなくて、(今年受かるであろう)受験の成功を神様に報告にいきましょう!

中屋高明
監修
スピリチュアルヒーラー、医学気功師

中屋 高明

郵政事務官、日蓮宗教師を経て無二会気候研究所にて気功を学び、渡中留学。北京市赤十字会伝統医学交流センター中国道家医学気功八卦循導功本部万蘇建師に師事。現在、推拿医学気功士、北京市紅十字会伝統医学交流中心の国際研修研究員と東京中医学研究所所属医学気功師。スピリチュアルヒーラーとして、これまでに多くの芸能人やスポーツ選手のカウンセリングやヒーリング、メンタルトレーニングを行う。土地・建物・乗り物などの環境浄化、健康維持・管理・能力強化、企画コンサルティング等に活躍中。