スピリチュアルの力 〜幸せを呼び込む作法〜 第11回 幸せを呼び込む作法「調整」

幸せを呼び込む作法「調整」

電磁波を溜めない

 現代社会では、電磁波を受けずに暮らすことは容易なことではありません。電磁波過敏症なる言葉も認められるようになり、ヨーロッパでは電磁波による被害ということで、訴訟も発生する事態となっています。OA機器・電話・電子レンジ・IH・冷蔵庫・携帯電話など電磁波を利用した商品が世の中に溢れています。

 そんな中、携帯電話(スマートフォン)は皆様の生活に無くてはならないものになりました。通話、インターネットの利用から、写真・音楽・映像まで様々なサービスを利用できるようになり、お風呂、お手洗いの際まで離さず持っている方々も多いと聞きます。就寝する際には枕元において目覚まし代わりにしている人までいます。

 皆さん、注意して下さい。

 携帯電話からでる電磁波は、西洋医学の数値で影響がなくとも東洋医学の見地からでは、影響を及ぼします。ライフエナジーを低下させる大きな要因の一つでもあります。

イメージ

 暮らしていく上で、仕事をする上で不可欠なものですから、うまく付き合う方法を取り入れて下さい。ライフエナジーを低下させても、充電すればいいだけの話です。日々のルーティンに取り入れて下さい。
 1番簡単なのは温泉です。地球(大地)のエネルギーをふんだんに含んだ温泉は、電磁波による影響を洗い流してくれます。温泉に行けない方は、シャワーやお風呂に入るようにして下さい。水が電磁波の情報を洗い流してくれます。

目覚まし代わりにしている人は、睡眠中までも電磁波の影響を受けていますので、心地良い眠り、ライフエナジーの充電を妨げます。睡眠中は離れたところにおいて就寝する努力をしてみましょう。



日々意識をする

 ライフエナジーが低下し、ネガティブになることは悪いことではありません。その時に整えればいいことです。「調整をすること」、それが大切なことです。東洋医学は、「全身に生命力(ライフエナジー)を取り込む」ことが基本です。連載で伝えてきたように、簡単な運動や深呼吸は日々の暮らしに簡単に取り入れることが可能です。簡単にできることから実践をしていきましょう。意識してやり続けることが大事です。

 最近は猫背の方がとても増えたような気がします。パソコンの業務が増えたのも一つの要因かもしれません。猫背は横隔膜が動きづらいので、酸素を取り入れにくい体制です。猫背だと疲労も回復しにくく、エネルギーも消耗しやすいです。姿勢を正すことや、伸びたり反ることを意識して下さい。

 また、関節、特に股関節が柔らかいと老廃物やネガティブな要素を出す力が強くなります。力士の方は、恰幅のいい体ながら股割りがほぼ全員できます。ネガティブな要素をどんどん出して、ポジティブな要素を取り入れられる最適な体です。

東洋医学にこんな考えがあります。

「調心」(ちょうしん) → 意識(心)を整える
「調息」(ちょうそく) → 呼吸を整える
「調身」(ちょうしん) → 姿勢を整える

この3つを整えることができて、はじめて調整された状態になります。自身の持つ力で調整できるように日々心がけて下さい。この連載を読み返していただければ上記の3つの調整法の初級が書かれています。是非、実践してみて下さい。

もっと踏み込んでいくと、 東洋医学では、感情は内臓に影響を及ぼすという考えです。

恋しさ → 脾臓
不満 → 心臓
不安 → 腎臓
怒り → 肝臓
寂しさ → 肺
に影響を与えます。感情をコントロール(調整)することができれば、ライフエナジーをうまく活用してことが可能です。このあたりは文章だけだと中々伝わりにくいので、セミナーやカウンセリングでお話いたしますので、興味のある方は参加下さい。

来月は、最終回。今までの「まとめ」とします。

中屋高明
監修
スピリチュアルヒーラー、医学気功師

中屋 高明

郵政事務官、日蓮宗教師を経て無二会気候研究所にて気功を学び、渡中留学。北京市赤十字会伝統医学交流センター中国道家医学気功八卦循導功本部万蘇建師に師事。現在、推拿医学気功士、北京市紅十字会伝統医学交流中心の国際研修研究員と東京中医学研究所所属医学気功師。スピリチュアルヒーラーとして、これまでに多くの芸能人やスポーツ選手のカウンセリングやヒーリング、メンタルトレーニングを行う。土地・建物・乗り物などの環境浄化、健康維持・管理・能力強化、企画コンサルティング等に活躍中。